出会い系サイトってまだあるの?

昔あった出会い系サイトはほとんどが閉鎖されています。
その理由として、悪質な目的で利用されることが多かったからです。
詐欺が目的だったり、性交が目的だったりです。
未成年の人が利用することがあったという理由も大きいようです。
現在の良質な出会い系サイトのほとんどは、本人確認がしっかりとなされています。
年齢確認や本人確認なしで利用できるサイトもありますが、危険性が高いです。
そういったサイトはサクラが多い悪質なサイトである可能性が高いでしょう。

現在は出会い系サイトよりも出会い系アプリのほうが多く使われているかもしれません。
若い人はパソコンは持っていないが、スマートフォンは持っているという人が多いようです。
出会い系アプリにも危険で悪質なものがあるので、注意をしておきましょう。
現在は悪質な出会い系アプリが登場しては、消えていくという状況です。
このような状況は今後も続くことでしょう。

法律などで規制をされたとしても、悪質なサイトを完全になくすことは難しいです。
悪質なサイトというのは、1年くらいのサイクルで誕生しては消えて、また誕生するということを繰り返しています。
1年くらいの短期間だけ営業をして、ある程度の利益を出したらサイトを消すことで、警察から捕まることを回避するという手段をとっている業者もあるようです。
利用者はそのような業者に騙されないように十分に注意をしてサイトを利用するべきでしょう。

良質な出会い系アプリ・出会い系サイトを見分けるための1つのポイントが、会社の創業年数を見るということです。
長く営業をしている会社はそれだけの期間、利用者を獲得し続けているということでもあります。
絶対に安心というわけではありませんが、一定の信頼は持てるはずです。

中には出会い系サイトを利用して結婚相手を探そうという人もいるようですが、むしろ少数派でしょう。
出会い系サイトはどちらかというと、遊び相手や軽い付き合いができる相手を探すために利用される傾向です。
結婚や真剣な付き合いを希望している人は結婚相談所などを利用します。
お互いの素性を知らないままに一晩だけのアバンチュールを楽しみたいという人などもいるようです。
お互いの素性を知らない相手と付き合うことで、普段とは違う自分を演じることもできます。

昔あった有名な出会い系サイトのほとんどは、現在はなくなっています。
逆に言うなら、それだけ危険な出会い系サイトが多かったということでもあります。
必ずしもサイト自体が悪質なわけではありません。
サイトに問題はなくても、利用者のモラルが低く、トラブルが起きてしまったというケースも多いです。